進学塾での仕事内容は?

進学塾の仕事内容

進学塾の仕事内容は多岐にわたります。一番重要な仕事が教科指導になります。教科指導とは文字通り教える教科を決めて授業を行うことです。授業の教案の作成から板書計画など、授業の組み立てを各講師に任されていることが一般的ですので、進学塾の塾講師をしようとすれば、それなりに高い授業スキルが必要とされます。

また、進学塾の特徴としてやはり合格まで入試本番のカリキュラムやスケジュールに合わせて実践的な授業を行うことが補習塾などと違いがあります。そのため、授業内容が理解できているかの確認テストから志望校の判定模試に至るまで、学習が身に付いたか、その志望校で大丈夫なのかと言う判定を行う機会があり、そういったテストの運営や採点なども任されていることがあります。

進学塾講師の仕事として、保護者とのコミュニケーションも重要になります。保護者の面談なども講師の仕事としている塾も少なくありません。また、入試に向けての各種説明会や、実際の入試の会場に行って受験生を激励する入試応援などが業務として課せられることもあります。加えて、宣伝なども講師の仕事の一つです。どの程度の仕事を講師が行うかは、塾によって違いがあります。
SUB LINKS

サイトマップ