進学塾での仕事内容は?

進学塾とはどういう塾か

学習塾と一口に言ってもいろいろなタイプがあります。まずは中学高校などの一般入試の受験対策向けに作られた進学塾です。それに対し、学校の定期テストや授業などをフォローするのが補習塾です。その両方を合わせた総合塾もあります。

進学塾とは、一般入試での受験を考えて作られていますので、入試のための綿密なカリキュラムに沿って授業が行われます。特に中学受験などは学校の勉強だけでは太刀打ちできない問題がたくさん出ますので、進学塾でそういった問題に慣れておかないと、実際の入試で解くことができません。ですので、中学入試や難関高校入試に挑戦する人の多くが進学塾を目指します。 進学塾では、受験対策向けの授業を行いますので、塾講師として働くには高い指導スキルはもちろんのこと、受験のための情報収集、精神面を含めた生徒のフォローが必要になってきます。授業のかじ取りは塾講師が行いますので、綿密な授業計画が求められます。習熟度別クラスになっている場合もありますし、かなり幅広い偏差値の生徒が一つのクラスに属している場合もあります。

いずれにせよ、進学塾と言うのは、高校入試や中学入試など、「入試」「進学」について特化した塾です。そのため、合格実績もかなり重要になってきます。合格実績によってどの塾にしようか決めている保護者も少なくないからです。補習塾や総合塾と比べて、より成果に対するシビアな考え方や高い指導能力が求められます。
SUB LINKS

サイトマップ